コリドーでのナンパ術

コリドーには多くの飲食店が軒をつらね、道路に面して席が並べられています。どのお店に入ろうか迷う人、そんな迷っている人を良かったらご一緒しませんか?と誘う人、そんな光景が見られるのがコリドーの日常です。

場所も有楽町や銀座、新橋方面からとアクセスがしやすく、がっつりナンパをしにきている男性から、別わたしナンパされたくて来てるわけじゃないのよ。たまたま銀ブラしていて、通りかかっただけ。気軽に話しかけないでくれる。え?わたしに一杯ごちそうさせてほしいですって?しょうがいないわね、一杯だけよ。

そんな感じの街なのです。

コリドーでのナンパの基本は路面に面した席を取り、入店を迷っている女性に声をかけること。ストリートのナンパと違って、無視をされる確率は相当低いです。

断られる文句も、友人といっしょだから。待ち合わせで来たので。また今度。など、サシ障りのない返答が返ってきます。まー、無視されるより100倍ましなので、モチベーションを下げずに次の女性に声を掛けられることが良いです。

お店側もナンパをする地域というのがわかっていますから、ナンパすること自体に寛容です。なんなら、ナンパ待ちのような女性がいたら、席をナンパしようとしている男性の近くに座らせるなど、ちょっとした相席居酒屋のような気配りまでしてくれるのです。

このようにコリドーでの日常を赤裸々に書くと、どうしても下世話なように聞こえますが、ここで出会い、デートを重ね、結婚し、子供を設けるとなれば、日本で今や一番の問題である少子化対策にもなり、コリドーはその解決のいったんを担う重要な街ということになります。

日本人はどうしても、ナンパのようなこういった声掛けをすること、されることにハズカシイという感覚を持ちますが、コリドーに行ったのであれば、そこの空気に身を任せて楽しんでみるのが良いでしょう。

郷に入らば郷に従えです。一人でぶらりと街歩きぐらいの感覚で一度はコリドーを訪れてみてください。jメール